婚姻届

スリランカ民主社会主義共和国大使館

日本在住のスリランカ人の方は、婚姻手続きの選択することができます:

1)大使館で「スリランカの法律」に基き、婚姻届を提出する。

または、

2)市役所で「日本の法律」に基き、婚姻届を提出する。

日本の法律に基づいて市役所に婚姻届を提出する際、スリランカ人の申請者は大使館が発行する、結婚できる状態であることを宣誓した婚姻要件具備証明書を提出する必要があります。
以下、大使館へ婚姻届を提出するための手順、もしくは婚姻要件具備証明書を取得するための必要書類をご確認ください。

スリランカ人同士のご結婚

必要書類:

  • 有効なパスポート
  • 出生証明書原本または、認証されたコピー(公認の英語翻訳をした書類のみでは受付できません。原本をお持ちください。)
  • 在留カード

    申請者それぞれのお母様またはお父様から申請者が未婚だという証言の宣誓供述書。この供述書は弁護士、もしくは治安判事によって認証されていることが必要です。

    弁護士によって認証された宣誓供述書は、最高裁判所から認証を受ける必要があります。また、治安判事により認証された場合、法務省から認証を受ける必要があります。その後、コロンボの外務省の領事部へ提出する必要があります。

    なお、申請者の両親が亡くなっいる場合は、宣誓供述書を兄弟姉妹に発行してもらうようお願いいたします。その際、兄弟姉妹の出生証明書の原本または、認証されたコピーもあわせてご提出ください。

    両親が亡くなっている場合、死亡証明書の原本、認証されたコピーの提出も必要です。

    申請者が過去に離婚経験者または配偶者を亡くしている場合、宣誓供述書にその旨を明記ください。また、文書発行時に別の婚姻関係がなく、今回の結婚において法的な障害がないことを明記ください。

    申請者が過去に配偶者を亡くしている場合、その旨を明記した宣誓供述書と死亡証明書原本、認証されたコピーを一緒にご提出ください。

    申請者に離婚経験がある場合、コロンボの外務省・領事部の認定を受けた地方裁判所が発行した離婚仮判決と離婚判決謄本をご提出ください。

  • 上記出生及び死亡証明書は、コロンボの外務省・領事部が認証したものを大使館へご提出ください。

ご結婚される「日本人」のパートナー:

役所が発行した戸籍謄本の原本と独身証明書とそれらの書類の英訳文書(公認翻訳者によるものであること)を大使館に提出してください。

  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)の原本
  • 独身証明書
  • 上記の英訳文書
    ※公認の翻訳者及び翻訳会社は、以下サイトよりご自身にて検索の上、ご依頼ください。
    日本翻訳連盟 www.jtf.jp

ご結婚される「その他の国籍」のパートナー:

  • パスポート
  • 関係大使館が発行した独身証明書
  • 関係大使館が発行した出生証明書
  • 上記証明書の英訳文書

上記証明書の原本が英語以外の言語で発行された場合、公認翻訳者による英訳文書をご提出いただく必要がございます。

離婚歴がある場合は、離婚届記載事項証明書 と公認翻訳者による英訳文書をご持参ください。

大使館での婚姻手続手順:

スリランカ人同士でのご結婚の場合

- 上記書類をご持参の上、お2人とも大使館へお越しになり婚姻届けを提出してください。

- その後、スリランカの法律のもと、大使館は届出受領から12営業日後、その日から3ヶ月以内に婚姻登録(届)日(結婚の儀式)をご提示致します。

- 婚姻届日(結婚の儀式)には、証言人となる2人のスリランカ人とご一緒にお越しください。証言人となる方はパスポートと在留カードを必ずご持参ください。


スリランカ人とその他国籍の方のご結婚の場合

-スリランカ人の届出人は、上記書類をご持参の上、大使館へお越しになり、婚姻届けを提出してください。

-その後、スリランカの法律のもと、大使館は届出受領から12営業日後、その日から3ヶ月以内に婚姻登録(届)日をご提示致します。スリランカ人の届出人は、証言人となるスリランカ人1名、その他国籍の届出人は、スリランカまたは同国籍の方1名を証言人としてお連れください。証言人となる方はパスポートと在留カードを必ずご持参ください。

婚姻手続料金(スリランカの法律に基く):5,700円

日本の法律に基く婚姻手続手順:

日本の法律に基づいた、婚姻手続を希望されるスリランカ国籍の方は、結婚できる状態であることを宣誓した婚姻要件具備証明書を役所にご提出下さい。
上記の必要書類と共にスリランカ国籍以外の婚約者の方の必要書類をご提出頂くと、役所へ提出するための婚姻要件具備証明書を発行いたします。

婚姻要件具備証明書を取得するには、スリランカ人の申請者が大使館へご来館頂く必要があります。スリランカ国籍以外の婚約者の方と一緒にご来館いただく必要はありません。

ご注意:

* 郵送時による書類紛失及び破損につきましては、大使館では一切責任を負いません。予めご理解の上、ご了承くださいますようお願いいたします。

* 偽造文書の提出及び市民権に関する偽りの申告は違法行為です。このような事態が発覚した場合、料金は返金いたしかねます。

* 未記入及び不備のある申請書返送いたします。なお、料金の払戻しはできませんのでご注意ください。